FC2ブログ

記事一覧

ディーラーで車検を行うメリットとデメリット、そしてエルフサポートって結局どうなのよ?

昨日の車検での対応にはガックリ気味でして
いつになくコメントも多くて(笑)
色々思うところがあるなぁ。

NTB(日本特種ボディー)のキャンピングカーは
すべていすゞのBe-cam(びーかむ)がベース車両なんですよ。

このBe-camはいすゞ自動車と言うメーカーがキャンピングカー用に
エルフをベースに開発した車両なんです
販売台数がまだまだ少ないのにスゲー事です。

そしてこのBe-camにはいすゞ独自のサービスである
エルフサポート(延長保証等)が無料で付いてくるんです。
エルフサポートを知らない方ここです。

これはいいなと思ってたんですが
昨日の件があって、よくよく考えるとこれはヤバいのかもと・・・

20190618_172206s.jpg
↑某いすゞディーラーの工場

簡単に説明しますとですね。
NTBでキャンピングカーを発注すると
ベース車両であるBe-camが発注者の住居最寄りのディーラーを通して購入したことになります。

そしてこの瞬間に発注者(ユーザー)とディーラーが紐付きするんです。
たぶんですが、ディーラーは何もしなくとも販売収入が入る仕組みだと思うんですよ。
まぁ、これは推測ですけどね(笑)

そしてエルフサポート(延長保証)と言うユーザーにとって美味しいと思われる仕組みによって
ユーザーは8年(又は16万km)の間ディーラーにお金を落しつづけることになります。
(延長保証の条件として定期点検、車検はそのディーラーで行うのが条件)

これはユーザーにとってもディーラーにとっても美味しい仕組みなら
WINWINでとってもいいんですが・・・

基本的に壊れにくい日本車でぇ
しかも更に壊れにくい商用車ですから。
もしかしたらディーラーばっかし得する仕組みなのかもしれません。

エルフサポートって素晴らしいって思ってたけど
ユーザーと言う鴨がネギ背負って
ディーラーと言う鍋で煮こまれてるのかもしれませんぜ(笑)

もしそうなら、もう少し気持ちの良い対応しても
「いいんじゃねぇ~!」と更に思う訳です!

「じゃぁ~メリットはねーのか?」と思い探したらありました。

あまりに無頓着な車検のお蔭で
キャンピングカーの構造要件(就寝設備、コンロ、水道設備等々)に関してとか
アフターパーツとかはたぶん完全スルーです(笑)

ちなみに、通常の国産キャンピングカーだったら
キャンピングカービルダーや代理店から新車で購入しても
ベース車両部分の点検や整備はやっぱりそこではしません。

だから、納車後ユーザー自身で
点検整備をやってくれるディーラー等を探さないといけません。

私はシノビを購入する前にレガードに乗ったんですが
ベース車両部分はトヨタのカムロードだったんで
トヨタディーラーを自分で探しました。

まぁそこのディーラーで車両を買ってないですから対応はイマイチでしたが・・・

新車でキャンピングカーを買ってもディーラーが紐付いて無いが故に
自分で対応が良いとこを自由に探したりできるから
「ディーラーを選べる」というメリットはありますけどね。

どっちがいいんでしょうかねぇ?


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

お忍びナカちゃん

Author:お忍びナカちゃん
(旧takgalcamp)ひょんなことからキャンピングカーに興味を持って購入することに・・・
キャンピングカーのことは何もわからないのですが、ネットを酷使して色々な方のブログを参考に自分なりの考えで突き進んでNTBのシノビを発注!
後々、私と同じような方の参考になるといいなとブログを始めました。
諸先輩方から是非ともご指導頂きたいとも思ってますのでよろしくお願い致します。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

フリーエリア

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村